ほうじ茶のカフェイン量とは?飲みすぎると危険なほうじ茶の秘密

投稿日:

ほうじ茶のカフェイン量とは?飲みすぎると危険なほうじ茶の秘密

みなさんは、ほうじ茶にどのようなイメージをお持ちですか?

おじいちゃんやおばあちゃんが、飲んでいるイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

でも、そんなほうじ茶ですが、今は若い方でも飲んでいる方がけっこういるんです。

その秘密は含まれるカフェインの量にありました。

そこで今回は、ほうじ茶のカフェイン量はどのくらいなのか?そして、飲みすぎると危険なほうじ茶の秘密についてご紹介していきます。

 

ほうじ茶ってどんなお茶なの?

ほうじ茶のカフェイン量とは?飲みすぎると危険なほうじ茶の秘密

そもそもほうじ茶とは、どんなお茶なのか知らないという方も多いでしょう。

ほうじ茶の原料は、実は緑茶と同じお茶の木から摘み取った茶葉です。

緑茶と色が全然違うのは、ほうじ茶はその摘み取った茶葉を炒って焙煎し、乾燥させることによってできるからです。

スポンサーリンク

その製法の違いによって、栄養成分も変わってきます。

 

カフェインの作用とは?ほうじ茶の場合はどうなの?

ほうじ茶のカフェイン量とは?飲みすぎると危険なほうじ茶の秘密

ほうじ茶に限らず、お茶と呼ばれるもののほとんどには、カフェインが含まれています。

カフェインというと、コーヒーのイメージが強い方も多いでしょう。

確かに、コーヒーと比べるとお茶のカフェインの量は少ないと言われています。

カフェインには、眠気をとってくれる覚醒作用や、尿を排出する利尿作用、そして心臓のはたらきを強める強心作用があることで知られています。

こうした作用を利用して、よく仕事の合間にカフェインを摂る方が多いと思います。

しかし、カフェインは摂りすぎると危険なこともあるのです。

実は摂りすぎると中毒症状を起こして夜眠れなくなったり、短時間に一気に飲むと精神に異常をきたし、意識障害を引き起こす可能性もあるのです。

軽い中毒症状であれば、みなさんでも日常的に起こしている可能性があります。

知らず知らずのうちに、1日に摂る量が増えていませんか?

そういう方は中毒症状に陥る危険性があります。

スポンサーリンク

 

気になるほうじ茶のカフェイン量は?

ほうじ茶のカフェイン量とは?飲みすぎると危険なほうじ茶の秘密

では、カフェインの危険性について知ったところで、気になるほうじ茶に含まれる量はというと、1杯150mlにつき、30mgと言われています。

この数字を見ただけでは、多いのか少ないのかわからない方もいるでしょう。

コーヒーと比べてみると、コーヒー1杯150mlにつき60mg~70mgくらいです。

そう考えると、ほうじ茶はその半分しか含まれておらず、大げさに言うとコーヒーの倍飲んでも平気というわけです。

 

引き続き、「飲み物の効果・効能」をご紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています

-隠された効能

Copyright© 飲み物に隠された凄すぎる効果・効能まとめ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.