妊婦さんにとって緑茶は飲んでもいいの?緑茶に秘められた効果とは?

更新日:

妊婦さんにとって緑茶は飲んでもいいの?緑茶に秘められた効果とは?

妊娠すると、今までの生活とはガラッと変わることが多いでしょう。

特に今までは食事などの生活習慣に、何も気をつけていなかった方でも、赤ちゃんのためにとさまざまなことを我慢して、気をつけている方がほとんどだと思います。

ところで、妊娠前に緑茶をよく飲んでいたという方はいませんか?

緑茶は体に良い飲み物の代表ですし、毎日飲む習慣があった方も多いと思います。

しかし妊娠した今、緑茶は赤ちゃんにとっても体に良い飲み物と言えるのでしょうか?

そこで今回は、妊婦さんにとって緑茶は飲んでもいいのか?そして、緑茶に秘められた効果についてご紹介していきます。

 

カフェインは妊婦さんには注意が必要!

妊婦さんにとって緑茶は飲んでもいいの?緑茶に秘められた効果とは?

妊娠中にアルコールを飲んではいけないというのは、妊婦さんでなくても常識として知っているかと思います。

しかし、妊婦さんにはもう一つ、気をつけなければならない飲み物の成分があって、それがカフェインなんです。

カフェインは、主にコーヒーに多く含まれる成分ですが、眠気を覚ましてくれる作用があり、特に朝や、仕事の合間に飲む習慣があるという方は多いでしょう。

そんなカフェインは、緑茶にも含まれています。

実は妊婦さんがカフェインを摂りすぎると、お腹の赤ちゃんに何らかの障害が出る可能性が、普通より高くなると言われています。

そのため、妊娠するとカフェインの摂取を控えるというのは、母子手帳や妊娠の手引きなどにも載っているのです。

 

妊婦はお茶を全く飲んだらいけないのか…

妊婦さんにとって緑茶は飲んでもいいの?緑茶に秘められた効果とは?

はっきりとしたデータではありませんが、おおよそ1日に300mgのカフェインであれば、許容範囲とされています。

300mgと言われても、ピンと来ない方もいると思いますが、コーヒーに換算すると、1杯150mlにつき約60〜70mgのカフェイン量なので3〜4杯程度になります。

ただ、影響が出るのには個人差がありますので、1日に1~2杯、多くても3杯程度にとどめておくのが望ましいです。

しかし、これが緑茶であれば150mlにつき30mg程度のカフェイン量なので、もう少し多く飲んでも平気です。

ところが、緑茶は種類によって、カフェイン量にかなりのばらつきがあり、とくに玉露と書いてある場合は注意が必要です。

玉露は、その製法上コーヒーよりも、カフェインが多く入っていることがあるのです。

そのため、緑茶だからと安心してガブガブ飲んでしまうのは危険です。

 

駄目なところだけじゃない!緑茶には良さもある

妊婦さんにとって緑茶は飲んでもいいの?緑茶に秘められた効果とは?

確かにカフェインについては心配ではありますが、緑茶はもともと体に良い飲み物なので、もちろん妊婦さんにとっても良い効果があります。

その一つが殺菌効果です。

妊娠すると、体の抵抗力が落ちると言われ、風邪をひきやすくなったり、食中毒になりやすくなると言われています。

しかし、緑茶にはこうした細菌やウイルスをやっつける効果があるので、日頃から飲む習慣があるとこれらを予防することができます。

また、緑茶に含まれるカテキンには血行を良くする作用があります。

妊娠中は、特に足がむくみやすいですが、それは血行不良による影響も大きいです。

こうしたむくみを改善するのにも、緑茶は効果的なのです。

 

緑茶は体にいいが、妊婦さんは飲みすぎに気を付けよう!

妊婦さんにとって緑茶は飲んでもいいの?緑茶に秘められた効果とは?

妊婦さんは、お腹の赤ちゃんの健康を守るために、さまざまなことを我慢しなければなりません。しかし、それほど神経質に飲む量を気にする必要はないでしょう。

よほど多量でなければ赤ちゃんに影響することはありませんし、飲まないでストレスがたまるくらいなら、飲んでホッと一息ついたほうが赤ちゃんにとってもよいです。

もちろん全く注意しないのは好ましくないですが、適量を守ってストレスをためないマタニティーライフを送ってほしいと思います。

 

他にこんな記事も読まれています

-隠された効能

Copyright© 飲み物に隠された凄すぎる効果・効能まとめ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.