紅茶の種類はいくつあるの?一つだけじゃない様々な紅茶の種類とは?

投稿日:

紅茶の種類はいくつあるの?一つだけじゃない様々な紅茶の種類とは?

紅茶には、たくさんの種類があります。

好きな方は飲んだだけで、その産地がわかることもあるようですが、よく知らないという方のほうが多いでしょう。

私たちが普段買って飲んでいるティーパックのものや、ペットボトルで売られている紅茶だけでも、たくさんの種類の商品がありますよね。

そこで今回は、紅茶の種類はいくつあるのか?そして、一つだけじゃない様々な紅茶の種類についてご紹介していきます。

 

生産地によって紅茶の種類が変わる?

紅茶の種類はいくつあるの?一つだけじゃない様々な紅茶の種類とは?
では、さっそく主な産地からご紹介していくことにしましょう。

三大産地となっているのが、インド、スリランカ、中国です。

紅茶は、その地名がそのまま紅茶の種類の名前になっていることが多く、それを聞いただけでもほとんどの方は、一度は耳にしたことがあると思うのではないでしょうか?

 

インドの紅茶の種類にはなにがある?

紅茶の種類はいくつあるの?一つだけじゃない様々な紅茶の種類とは?

まずインドで有名なのが、ダージリンとアッサムでしょう。

スポンサーリンク

特にダージリンは、紅茶の中でも最もポピュラーで、馴染みのある方も多いと思います。

すっきりとした味わいとマスカットに似た香りが特徴で、色は比較的薄く透き通っており、ストレートで飲むのに向いていると言われています。

一方、アッサムはダージリンと違って濃厚な味わいと濃い色が特徴で、ミルクティーなどに向いていると言われています。

 

スリランカの紅茶の種類にはなにがある?

紅茶の種類はいくつあるの?一つだけじゃない様々な紅茶の種類とは?
スリランカも有名な紅茶の産地として知られていますが、中でもウバという種類は有名です。

茶葉は、スリランカのセイロン島で栽培されているので、セイロンティーと呼ぶことも多く、こちらの呼び名のほうが、聞いたことがある方も多いと思います。

ウバは、濃いめの赤色をしており、味もタンニンが多く含まれているので、渋みがあって濃厚であり、特にミルクティー向きだと言われています。

飲んだことがないという方もいるかもしれませんが、最近はペットボトルのミルクティーでよく使われるようになり、みなさんもよく知らないうちに、口にしている可能性もあると思います。

 

紅茶の発祥地中国の紅茶の種類は?

紅茶の種類はいくつあるの?一つだけじゃない様々な紅茶の種類とは?

中国は、紅茶の発祥地とされており、ここからその文化が世界に広まったとされています。

中国で特に有名なのがキーマンという種類です。

キーマンは、独特の渋みや苦みがあまりなく甘みが強いのが特徴で、ストレートやミルクティーで飲まれます。

ただクセは意外と強く、また希少価値が高いこともあって、一般の市場にはあまり出回っていないようです。

スポンサーリンク

ここまでご紹介したダージリン、ウバ、キーマンは「世界三大紅茶」とされていてとても有名なので、ぜひ知識として知っておいてほしいと思います。

 

紅茶の等級ってなに?どう違うの?

紅茶の種類はいくつあるの?一つだけじゃない様々な紅茶の種類とは?
紅茶には、産地の他に等級で種類を分けることもできます。

みなさんは、茶葉を購入するときに、産地などの横に「OP」あるいは「BOP」などとアルファベットで表記されているのを見たことがありますか?

実は、それが等級を示す表記なのです。この表記は、茶葉の大きさや形状の違いで等級が分けられています。

最も高級とされるのがFOPで、茶葉の中にやわらかく小さなチップが入っているのが特徴です。

このチップが多いほど、高級品とされています。

また、ごく一般的なのがOPやBOPで、この等級の茶葉はよく市販されているのを見かけることが多いと思います。

このような表記以外にも、茶葉を摘み取った時期による分け方などもあります。

 

紅茶の種類を知っていろいろな紅茶を楽しもう!

紅茶の種類はいくつあるの?一つだけじゃない様々な紅茶の種類とは?

紅茶は、知れば知るほど奥深いものです。

それぞれの特徴を知って、その味や香りで自分なりに楽しむことができます。

産地の違いや飲み方の違いだけでも、さまざまな種類を楽しむことができると思うので、ぜひ飲み比べてみてはいかがでしょうか?

 

引き続き、「飲み物の効果・効能」をご紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています

-隠された効能

Copyright© 飲み物に隠された凄すぎる効果・効能まとめ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.