ほうじ茶は妊婦さんが飲んでも大丈夫?ほうじ茶が安全な理由とは?

投稿日:

ほうじ茶は妊婦さんが飲んでも大丈夫?ほうじ茶が安全な理由とは?

妊娠していると、さまざまなことに気をつけなければなりませんよね。

例えば塩分の摂り過ぎや甘いものの食べ過ぎ、そして適度な運動など、今まで気にしなかったことを気にするようになることで、ストレスが溜まる方も多いでしょう。

そしてもう一つ、妊婦さんのストレスの原因になっているのは、カフェインを摂りすぎてはいけないということではないでしょうか?

そこで今回は、ほうじ茶は妊婦さんが飲んでも大丈夫なのかどうか?そして、ほうじ茶が安全な理由についてご紹介していきます。

 

実はほうじ茶は緑茶と同じ!?

ほうじ茶は妊婦さんが飲んでも大丈夫?ほうじ茶が安全な理由とは?

ほうじ茶は、緑茶と比べるとマイナーなイメージがありますが、実は緑茶と同じお茶の木から摘み取った茶葉から作られているんです。

では、なぜ見た目からしてあんなに違うのかというと、それはその製法に違いがあるからです。

摘み取った茶葉を炒って焙煎し、乾燥させて作るのがほうじ茶の特徴です。

この製法によって、あの香ばしい香りと味が引き立つようになるわけです。

 

カフェインは妊婦さんに危険?

ほうじ茶は妊婦さんが飲んでも大丈夫?ほうじ茶が安全な理由とは?

ほとんどのお茶には、カフェインが含まれています。

妊婦さんがカフェインを摂取することで、どのような影響が出るかということには、さまざまな研究がされています。

その中に、カフェインを多量に摂取した場合、お腹の赤ちゃんに何らかの障害が出る可能性があるという研究結果があるのです。

ただ、必ずしも障害が出るわけではなく、その摂取量も相当多量なものでない限り大丈夫だという見解も多くあります。

しかし、まだ研究段階であるので、はっきりとした結果になっていないのが現状です。

そのため、念のためカフェインの摂り過ぎには気をつけましょう、と言われているのです。

 

ほうじ茶なら妊婦さんが安心して飲めるのはなぜ?

ほうじ茶は妊婦さんが飲んでも大丈夫?ほうじ茶が安全な理由とは?

では、そんなカフェインが、ほうじ茶にはどれくらい含まれているかというと、1杯150mlあたり30mg程度と言われています。

ただ、この数字は緑茶とほぼ同じです。

最近では、ペットボトル入りの緑茶を購入する方も多いでしょう。

実は、こうしたペットボトルの緑茶に含まれるカフェイン量には、けっこうばらつきがあるんです。

500mlのペットボトルになんと100mg入っている商品もあります。

それに比べて、同じペットボトルでもある商品のほうじ茶は、50mg程度ととても低カフェインです。

 

ほうじ茶を飲んでほっと一息すれば脳にもいい?

ほうじ茶は妊婦さんが飲んでも大丈夫?ほうじ茶が安全な理由とは?

ほうじ茶にはもう一つ、妊婦さんにうれしい効果があります。

それはリラックス効果です。

妊娠中は、我慢することだらけで気が滅入ることもありますが、ほうじ茶にはそんなストレスを和らげてくれる、リラックス効果があると言われています。

その秘密は、何と言ってもあの香ばしい香りです。嗅ぐだけでも自然とほっこりした気持ちになりますが、脳にもとても良い影響をもたらしてくれるのです。

そのため、たとえほうじ茶を飲まなくても、香りだけ嗅ぐだけでストレスが軽減されるでしょう。

 

カフェインの少ないほうじ茶でも飲みすぎ注意!

ほうじ茶は妊婦さんが飲んでも大丈夫?ほうじ茶が安全な理由とは?

いくら低カフェインでリラックス効果があると言っても、飲み過ぎには注意しなければなりません。

低カフェインといえどもカフェインは入っていますし、利尿作用があるのでただでさえトイレが近くなることが多い妊婦さんですから、ますますトイレの回数が多くなる可能性もあります。

もちろんコーヒーを飲むよりかは、断然ほうじ茶のほうがおすすめですが、がぶ飲みするのはやめましょう。

妊婦さんにとって、妊娠中はストレスの少ない安定した生活が何よりも大切です。

生活の中にほどよくほうじ茶を取り入れて、楽しいマタニティーライフを送ってみてはいかがですか?

 

他にこんな記事も読まれています

-隠された効能

Copyright© 飲み物に隠された凄すぎる効果・効能まとめ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.