今までの麦茶と味が全然違う!?麦茶の最もおいしい作り方レシピ

更新日:

今までの麦茶と味が全然違う!?麦茶の最もおいしい作り方レシピ

麦茶といえば、日本人なら誰でも飲んだことがある、と言ってもよいくらい身近な飲みものですよね。

特に夏には、どの家に行っても冷蔵庫には、必ずと言っていいほど冷やしてあります。

そんな麦茶ですが、みなさんは普段どのように作っていますか?

手軽な水出し?それとも煮出して作っているでしょうか?

今回は、今までの麦茶と味が全然違うと感じるほど、麦茶の最もおいしい作り方をご紹介していきます。

 

今までの麦茶の作り方【煮出し編】

今までの麦茶と味が全然違う!?麦茶の最もおいしい作り方レシピ

麦茶は普通、ほとんどの方がティーパックを使うと思います。

このティーパックと水をやかんに入れて、沸かす方法が煮出す方法です。

この煮出す作り方のメリットは、一度沸騰させるので、煮沸による殺菌効果があるということです。

スポンサーリンク

そのため衛生的で、特に免疫力のない子どもや、お年寄りにはこの作り方がよいと言えるでしょう。

また、麦茶には独特の香ばしい香りがありますが、この香りも煮出したほうがより引き立つと言われています。

冬には温かいまま飲むと、香りも楽しめつつ体も温まるでしょう。

ただ、煮出した場合は冷やして飲むときに、冷えるまで時間がかかるというデメリットもあり、冷蔵庫で数時間経たないと、あのキンキンに冷えた温度では飲めません。

 

今までの麦茶の作り方【水出し編】

今までの麦茶と味が全然違う!?麦茶の最もおいしい作り方レシピ

一方、水出しで作る作り方のメリットは、何と言ってもその手軽さでしょう。

ティーパックと水を入れて、そのまま冷蔵庫に入れておくだけでできるわけですから、誰でも簡単にできます。

ただ、デメリットとしては煮出す場合と違って、殺菌効果が得られないということです。特に水道水を利用している家は、水をそのまま飲んでいるのとあまり変わりがないと言えます。

また、冷たいままなので、独特の香りを味わうことがあまりできません。

全く香りがしないわけではありませんが、煮沸するよりは格段に香りは弱くなります。

 

新方法!最もおいしい麦茶の作り方!

今までの麦茶と味が全然違う!?麦茶の最もおいしい作り方レシピ

では、これらの煮出しと水出しのそれぞれのメリット・デメリットを活かして、おいしい麦茶の作り方をお教えしましょう。

スポンサーリンク

その方法は煮出して作る方法で、まず普通の水とティーパックをやかんに入れて、しっかり沸騰させます。

その後、ボールに氷水を張り、その中にそっとやかんを入れます。

こうすることで冷蔵庫に入れる前に、手早く熱を冷ますことができるので、冷蔵庫で冷やす時間の短縮になります。

この作り方だと、煮出して作るので香りも楽しめますし、かつすぐに冷めるのでデメリットもカバーできます。

 

まだまだあった!おいしい麦茶を作る方法!

今までの麦茶と味が全然違う!?麦茶の最もおいしい作り方レシピ

こうして作った麦茶でも十分おいしいのですが、今ひとつ香りが足りないときは、インスタントコーヒーを入れると香りが引き立ちます。

その量は、麦茶1杯に対しひとつまみです。

実は麦茶とコーヒーは、意外にも相性がいいんです!

また、暑い夏は水分だけでなく、体の塩分なども奪われやすくなっています。

麦茶は水分補給にはよいのですが、熱中症予防には不向きです。

そんなことをカバーしてくれるのが、レモンをしぼって入れる飲み方です。

こうすることでほどよく体に電解質を補給してくれますし、熱中症予防になってさわやかな香りも出ます。

たかが麦茶だと思っていたあなた!飲み慣れているからこそ、いつもよりほんのひと手間かけた作り方で、おいしい麦茶を味わってみてはいかがですか?

 

引き続き、「飲み物の効果・効能」をご紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています

-隠された効能

Copyright© 飲み物に隠された凄すぎる効果・効能まとめ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.