女性に大人気のジャスミン茶!妊婦さんでも安全に飲める時期とは?

更新日:

女性に大人気のジャスミン茶!妊婦さんでも安全に飲める時期とは?

ジャスミンの花の香りと、優しい味が特徴のジャスミン茶は、数年前から女性の間でブームになっています。

美容や健康にもよいとされて、そのことがますますブームを加速させた要因でもあるでしょう。

体に良いイメージのジャスミン茶ですが、妊娠中の女性が飲んでも問題ないのでしょうか?

そこで今回は、女性に大人気のジャスミン茶を、妊婦さんでも安全に飲める時期についてご紹介していきます。

 

妊婦には要注意のカフェインとは?

女性に大人気のジャスミン茶!妊婦さんでも安全に飲める時期とは?

妊婦さんなら誰でもご存知かと思いますが、妊娠中はカフェインを摂りすぎてはいけないとされています。

その理由は、お腹の赤ちゃんは常に胎盤を通して、ママから栄養をもらっていますが、カフェインは胎盤をくぐり抜けて赤ちゃんに届き、悪影響を及ぼすからです。

具体的には低体重で生まれたり、赤ちゃんの脳を刺激して、興奮状態にさせてしまうとされていますが、はっきりしたことはまだ研究段階だと言われています。

でも、お腹の赤ちゃんを守るためには、カフェインはよい成分でないことは確かです。

スポンサーリンク

ジャスミン茶は、ジャスミンの花だけで作られていると思っている方もいるかもしれませんが、実はそうではありません。

普通の緑茶やウーロン茶などの茶葉に、ジャスミンの花の香りを移すことで作られているのです。

だから、こうした茶葉がベースになっているジャスミン茶には、カフェインが含まれています。

麦茶などのノンカフェインのお茶がベースなら安心して飲めますが、飲む前によく原材料を確認することが大切です。

 

ジャスミン茶の危険なポイント!妊娠初期には注意して!

女性に大人気のジャスミン茶!妊婦さんでも安全に飲める時期とは?

ジャスミン茶には、子宮を収縮させる作用があると言われています。

そのため、妊娠初期の不安定な時期に飲むと、子宮の収縮を促して流産の危険があります。

もちろん、流産するには他にも要因があったり、よほど多量に飲まない限りはあまり起こりうることではありませんが、少しでも後悔しないためには、飲むのを控えたほうがよいでしょう。

しかし、逆に言えば妊娠後期や産褥期には、積極的に飲んでもよいとされています。

子宮が収縮すればお産がスムーズに進行し、分娩の手助けになるからです。

また、産褥期は子宮が収縮したほうが、より母体の回復につながるとされています。

そのため、妊娠後期以降の妊婦さんには、おすすめの飲み物と言ってよいでしょう。

スポンサーリンク

 

ほっと一息!そんな時にはジャスミン茶が最高

女性に大人気のジャスミン茶!妊婦さんでも安全に飲める時期とは?

妊婦さんは、食生活や運動習慣に気をつけたりと、何かとストレスがたまりがちです。

特に、体重制限に気をつけなければならないと、イライラもさらに高まるでしょう。

そんなときにジャスミン茶はおすすめです。

実はジャスミンの香りには、ベンデルアセテートという成分が含まれていて、この成分にはリラックス効果があるからです。

右脳をほどよく刺激して不安や緊張を和らげてくれるので、温かくしてカップ1杯飲むだけでも、ホッとして十分ストレスを解消できるでしょう。

 

妊婦さんは時期を守ってジャスミン茶を飲もう!

女性に大人気のジャスミン茶!妊婦さんでも安全に飲める時期とは?

では、結局のところ妊婦さんは飲んでいいのか悪いのかというと、正しい量と時期を守れば飲んでもよいと言えるでしょう。

ノンカフェインのものなら、妊娠後期以降なら積極的に飲んでよいと言えますが、初期から中期の妊婦さんは、ノンカフェインかつその量も1日にカップ1杯程度にとどめておくことが大切です。

また、飲む前には必ず担当の医師に相談しておくとより安心ですね。

妊婦さんによって状態がさまざまなので、安易に自己判断で飲むのは危険だからです。

ジャスミン茶でほどよくストレス解消をして、安心安全なお産ができるように上手く取り入れられるとよいでしょう。

 

引き続き、「飲み物の効果・効能」をご紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています

-隠された効能

Copyright© 飲み物に隠された凄すぎる効果・効能まとめ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.